スタッフブログⅡ

 

スタッフブログⅡ

スタッフブログⅡ
フォーム
 
緑のカーテンにはビナンカズラがお勧め
2015-07-15
  梅雨明けが近づいて、緑のカーテンがほしい季節になりました。従来のゴーヤやヘチマ、ヒョウタン、朝顔もいいですが 花のきれいなマンデビラもお勧めです。我が家では玄関の西日よけにビナンカズラを植えています、今黄色みがかった花の中から赤い丸い舌を出してよい風情を出しています。これが徐々に大きくなって赤い実になります、軒に下げたシュロ縄か細めのマニラロープに蔓を絡ませると伸びてカーテン状になり、たいした手間も要りません。常緑で剪定にも耐え毎年植え替える必要もありませんし生垣ほど暑苦しくもありませんのでお勧めします。冬場に石灰硫黄合剤の散布は忘れないでください。
 
 
輪紋葉枯れ病
2015-07-14
 雨続きの毎日ですが生垣や街路樹のサザンカの葉が茶色く枯れたり落葉したりするのをあちこちで見るようになりました。当社にも消毒の依頼が時々来ます。「輪紋葉枯れ病」という病気でZボルドーなどの銅剤を噴霧することで広がりを防ぐことができます。落ちた葉は病気の巣みたいなものですから 掃除して焼却することが大事です。来年は葉が出ないわけではありませんが、同じ状態を繰り返して弱りますので手入れは必要です。
 
ナギの並木
2015-06-23
 街路樹といえば一の鳥居から宮崎神宮にかけてのナギの並木は素晴らしい。白みがかった緑の葉の飾り気のない木ですが凛として神社の門前にふさわしい木です。
 確か外相サミットのあった年でしたが、テロ防止策として下から2m以下の枝を切って見通しを良くしました。統一感が出て良くなったと思いますが、今後これ以上の鋏は入れずに自然の風格を大事にしていただきたいものです。
 
花のある橋
2015-06-22
 雨に打たれて橘橋の上にはアガパンサスやハマユウ・ジニア・ランタナなどがしっとりと咲いています。やさしい気持ちになります。今では宮崎市民にとっては見慣れた風景になっていますが、宮崎以外では植物がきれいに咲いている橋はほとんど見ません。シンガポールの景観に魅せられた前市長の津村さんの強い想いで実現した風景です。宮崎の文化といっても良いと思います。また「風格のある樹を植えたい」という想いで楠を街路にたくさん植えられた元市長の長友貞蔵氏も宮崎の景観を創った先達です。岩切章太郎氏や黒木博元知事以外にも緑の先達は宮崎にはたくさんいらっしゃいます。有難いことです。
 
ブルーの花3
2015-06-05
またヤナギバルイラソウは宮崎のあちこちの路傍で見られますが、単なる雑草と思われています。この際名前を覚えると 案外かわいい花に見えるかもしれません。
4
<<有限会社 宮崎園芸>> 〒880-0924 宮崎県宮崎市大字郡司分甲1250番地 TEL:0985-56-1188 FAX:0985-56-8076